歯どうして変色するのか

歯の変色は、歯の内側から来るのものと外側から来るものがあります。
歯の内側から黄色くなる原因は、多くの場合は経年によって変色が原因です。
歯の半透明のエナメル質の内側に象牙質という黄色い層がありますが、この内側に歯の神経と血管が通っています。
生えたての歯の象牙質は淡い黄色ですが、肌の老化と同様に新陳代謝によって、徐々にこの色が濃くなってきます。
また、エナメル質も毎日の歯磨きや歯軋り、毎日の食事などで薄くなり、内側の象牙質の色が強くなります。
この二つの相互作用が歯の色が黄色に変わってくる原因となります。
また、紫外線の影響によって歯の色が濃くなる場合もあります。
象牙質が茶色は、年齢とは関係なく歯の神経を除去したり、神経が死んでいる場合もに変色していきます。
この原因は歯に栄養が届かなくなったことによるものですので、一種の老化現象であると言えます。
したがって、ホワイトニングすることは、アンチエイジングにも繋がるのです。

美白 歯磨き粉

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングの費用には、ホワイトニング用マウスピースを作成代と薬剤料金があります。
歯医者さんにもよりますが、このマウスピースと薬剤を含めMおおよそ15,000円から30,000円ほどの料金となります。
薬剤の種類や濃度や使用する本数、マウスピースの種類などによって料金は変わってきます。
ホームホワイトニングとは、自宅で施術を行うホワイトニングのことを言います。
施術までの流れは、歯医者さんで歯の型をとってから専用のマウスピースを作製します。
そして、そのマウスピースに歯を白くする薬剤を入れて装着します。
使用する薬液の種類と機器によって効果は変わりますが、白さを実感できるまでに2週間~3週間かかるとされています。
この場合、料金は15,000円ほどとなります。
しかし、効果には個人差があるので、薬剤の料金がプラスされる場合があるでしょう。
当然、ホームホワイトニング期間が長くなればなるほど使用する薬剤が増え、料金もかさんできます。
ただし、ホームホワイトニングは途中で断念すると効果が期待できませんので、薬剤を多めに購入することをおすすめします。

ホワイトニング 歯磨き粉 研磨剤なし

最新のホワイトニングを選ぶべき理由

ホワイトニングに使用する薬剤や施術方法は、日々研究が行われ、進化を続けています。
常に効果が高く、より安全性の高いものが開発されており、治療時には最新のホワイトニング治療を受けることが、
より歯を白くなるための第一歩となります。
従来のオフィスホワイトニングではハロゲンライトや赤外線ランプなどを照射してホワイトニングを行っていました。
この方法では、施術中に歯が熱を帯びてしまい、しみるような痛みを感じてしまうことがあります。
歯の表面の温度が5度を超えると痛みを感じますが、ハロゲンライト使用時には約8度、
赤外線ランプ使用時には、26度もの高温になってしまうことがわかっています。
一方、最新のオフィスホワイトニングである「Only 3 Days」は熱を持つことがありません。
沁みるような痛みもなく、身体への負担の少ない新たなホワイトニング治療です。
治療する際には最新のホワイトニング治療を受けることが、しっかりと白くなるホワイトニングの第一歩となります。

ビースマイルホワイトニングキット 楽天